憧れる小さい顔

化粧品

顔のサイズの基準ってあるの?

小顔になりたいと思っても、どれぐらいの顔のサイズが小顔と言えるのかと気になったことはありませんか?ダイエットなら「○キロまで痩せる」という目標が立てられます。ですが、顔のサイズを「ここまで小さくする」という目標を立てることは難しいでしょう。ですから、まずはどれほどのサイズが小顔と言われる基準なのかを把握したいと考えるでしょう。そういった人に向けて、小顔と言える基準をご説明していきます。

顔の範囲についてまずは知る

日本での顔の範囲というのは、「縦が顎から額まで、横が左右の耳まで」になっていることが多いです。顔のサイズでよく出てくるのは、全頭高といわれており、顎から頭の一番高い位置までの長さを表しています。これは、顔というよりも頭の縦の長さになると思っておいていいでしょう。この頭の長さは、全身のスタイルとのバランスの大きく影響します。そのため、人によって顔の範囲というのが異なります。

人の身長に比例する全頭高

頭の長さを表す全頭高は、身長に比例します。例えば、全頭高が21センチの人が二人いたとして、一人は身長150センチ、もう一人は180センチとしたら180センチの人のほうが断然顔のサイズが小さく見えます。だからとって、150センチの人が顔が大きいのかといえば違います。これは、見た目のバランスの問題になるので、一概に身長だけで小顔の基準を決めることができません。

自分で努力することが大事

女性の中には、自分の顔の大きさについて悩んでいるという人もいます。しかし、これらを参考にしてもらえれば、理想の小さい顔を手に入れられるかもしれません。また、ここでご紹介した小顔効果のある方法などを試すことにも繋がるでしょう。憧れの小さい顔を手に入れたいのなら、ぜひ参考にしてみてください。

小さい顔になるメリットとは?

スタイルをよく見せられる

小さい顔の人を見ると、スタイルが良いと思いませんか?これは、上記に書いたように身長と頭の長さのバランスが大きく影響しています。しかし、こういってしまうと背が高くなければ小顔に見られないというわけではありません。身長の低い人でも、小顔でスタイルが良い人はたくさんいらっしゃいます。そういった人達は、頭の長さと顔の長さなどが身長にあっていて顔が小さく見えるので、身長が低くてもスタイルが良く見えるのです。

顔のサイズの平均を知ろう

日本人の顔のサイズの平均は、全頭高21.8センチ、顔の長さ18.5センチ、頭幅15.3センチ、頭囲54.57センチになります。この平均を把握しておけば、自分で顔のサイズを測った時に平均なのか、以下または以上なのかを知ることができるでしょう。顔のサイズも、簡単にメジャーと定規と鏡があれば調べることができます。一人では難しいと感じるのなら、家族や友人に手伝ってもらってそれぞれサイズを測ってみるといいでしょう。

日本人の頭身の平均はこれ!

よくモデルやタレントに対して、「○頭身」という言葉を発することがあるでしょう。これは、全頭高と身長の比率を表しています。全頭高を「1」とすれば、これが身長に対して何個分あるのかを知ることができます。日本人の平均頭身は、6.75頭身なので7投身で小顔だということになります。ですから、頭身の数が少なければ少ないほど顔が大きいということですし、反対に数が多くなればなるほど顔が小さいということになります。

頭身が少ないと小顔になれない?

上記の内容だと、頭身の数が少ないと小顔にはなれないと思ってしまいますよね。しかし、頭身が少なくても小顔になる方法はあります。それは、小顔効果のあるマッサージやヨガ、小顔矯正、小顔になる美顔器などを利用することです。これらを継続して行なうことで、すっきりとした顔だちになっていき、顔を小さく見せることができます。それに、美容整形という物理的な方法もあります。

自分に合った方法で顔を小さくする

顔を小さくする方法は、現代にたくさんあります。毎日コツコツと続けていくことで効果を実感できる方法もあれば、メスなどを用いた美容整形で小顔になる方法もあります。一番手っ取り早く顔を小さくできるのは、美容整形です。ですが、この施術を受けることはとても勇気がいるでしょう。ですから、無理に受けようと考えるのではなくまずは小顔効果のある自分でできる方法で顔を小さくしていきましょう。そうすれば、徐々に効果を実感できるようになりますし、実感できないと思ったら美容整形するという手もあります。

効果的な顔を小さくする方法

婦人の横顔

整形に劣らない方法

早く顔を小さくしたいのなら、美容整形を選択しようかと考えるでしょう。しかし、整形と同じような効果を期待できるマッサージ方法があります。これは、自分で簡単にできるので整形を受ける前に試してみませんか?

READ MORE
女の人

頭皮も影響している

顔を小さくするとなれば、フェイスラインに目が行きがちでしょう。しかし、実は頭皮に小顔の秘密が隠されています。頭皮をマッサージすることで、リフトアップ効果を期待できるので行なってみてはどうでしょうか?

READ MORE
レディ

正しいマッサージを行おう

顔についた贅肉は、とても厄介ですよね。人によっては、強いコンプレックスを感じてしまっている人もいるでしょう。そういった時は、顔の贅肉を除去できるマッサージを行なってみてください。その方法、ここでご紹介します!

READ MORE
化粧品

サロンで受ける施術

顔も疲れが溜まって歪んでくるというのはご存知ですか?こうなると、顔のむくみが酷くなってしまい、大きく見えてしまいます。むくみを解消するには、小顔矯正を受けて歪みを改善しましょう。矯正について、ここではご紹介します。

READ MORE

気になる小顔についての疑問!

なかなか顔が小さくならない…どうして?

顔がなかなか小さくならないのは、顔のリンパの流れが良くない可能性があります。リンパの流れが良くないと、老廃物を外へ排出できないのでむくみが起こって顔が大きくなってしまいます。むくみを解消するマッサージや小顔矯正を受けて、リンパの流れをよくして代謝を改善できるようにしましょう。

家族全員、顔が大きいけど小さくなる?

顔のサイズというのは、骨格も影響します。骨格のせいで顔が大きく見えてしまう人もいますが、エラ部分やフェイスラインをすっきりとさせることで顔を小さく見せることができます。マッサージや矯正でも効果を期待できますし、最近はボトックス注射などで顔の筋肉を委縮させることで顔を小さく見せるプチ整形もあるので、気になるのなら試してみてくださいね。

二重あごがどうしても治らない!

二重あごになっている原因は、フェイスラインに贅肉がついているせいでしょう。実は、この部分は意識してマッサージなどを行なわないと改善することが難しい部分になっています。顔の筋肉を鍛えて、贅肉を脂肪燃焼できるようにしましょう。そうするだけで、すっきりとした顎のラインを取り戻せるようになります。

ほっぺたの盛り上がりが嫌…治す方法はある?

頬が盛り上がってしまうのは、その部分に脂肪が余計についているからでしょう。この部分を改善するには、目の周辺の筋肉を鍛えることが大事です。そうすることで、目の周辺の脂肪が無くなっていき、頬の脂肪も徐々に無くなっていきます。脂肪が無くなれば、笑っても頬が盛り上がってしまうことは無くなるでしょう。

小顔効果のある美容機器で小さくなる?

最近は、さまざまな美容メーカーから小顔効果のある美容機器は登場しているので、こういった疑問を持っている人は多いでしょう。結論から言うと使い方次第では、高い小顔効果を期待できます。ですから、説明書を確認して正しい方法で使うようにしましょう。そうすることで、その機器の本来の力を発揮して理想の小顔へと徐々になっていきます。

確実な効果を期待できる「顔ヨガ」

no.1

小顔効果が高い「くちゃくちゃばーのポーズ」

とてもシンプルなのに高い小顔効果を期待できる「くちゃくちゃばーのポーズ」。これは、顔をキュッと中心に寄せ集めて、最後まで息を吐き切るまでその状態を継続します。息を吐き切ったら、また繰り返すというのを続けます。これを続けるだけで、顔全体の筋肉が十分に使われて顔を小さくしていくことができます。また、顔の筋肉も鍛えれるのでアンチエイジング効果も期待できます。

no.2

すっきりとした輪郭になる「三角の舌のポーズ」

舌の周りにある筋肉を鍛えられる「三角の舌のポーズ」。これは、のどが十分に伸びるように顎を天井に向けてつき上げます。そして、鼻から自然呼吸を続けた状態でのどの奥から舌をゆっくりを出していきます。出した舌を三角のように尖らせるように天井に向けて、そのまま10秒間停止し、その後に舌をゆっくりと戻して頭を正面に戻します。これを継続すれば、二重あごが解消されてすっきりとしたフェイスラインになります。

no.3

シワとたるみが解消される「おでこロック」

小顔効果と同時とアンチエイジング効果も期待できる「おでこロック」。これは、額を動かさないように手でしっかりと押さえ、眩しいものを見るように目を細めます。そして、そのまままぶたの力だけで目を思いっきり開きます。この状態で額が上がらないようにして5秒間キープします。これを3セットを行なえば、目の周りの筋肉を鍛えられるようになります。そうすることで、小顔だけではなく若々しい印象を与えられるようになります。

no.4

たるみを撃退!「こめかみリフトのポーズ」

顔のたるみを解消できる「こめかみリフトのポーズ」。これは、右手を斜め45度まで持ち上げて、左手の薬指を目尻、中指をこめかみにおきます。そして、首を左に倒して右手と一直線になるようにします。この状態で舌を思いっきり斜め下へ出して口から息を出します。同時に、45度に伸ばした手は一度グーの形にして親指・人差し指・小指だけを伸ばすようにします。ちょっと難しいですが、リフトアップ効果や小顔効果はとても高いです。なれるまで大変ですが、毎日継続すれば確実に効果を実感できるでしょう。

no.5

笑顔になる「ビックリスマイルのポーズ」

口角を上げて笑顔になる「ビックリスマイルのポーズ」。これは、下あごを前に突き出し、下唇を口の内側に巻き込むようにして歯を見せて笑うようにします。この時に、頬の筋肉が持ち上がっているのを実感しましょう。上手く持ちあがらない場合は、指でお団子を持つようにして頬を持ち上げてみてください。こうすることで、顔の筋肉が鍛えられますし、口角が上がるようになるので他人からの印象が良くなると言われています。

広告募集中